髪を傷めずストレートヘア|快適に装着できる医療用かつら|女性に人気のタイプも増えている

快適に装着できる医療用かつら|女性に人気のタイプも増えている

髪の長い婦人

髪を傷めずストレートヘア

レディ

髪を乾燥させ保湿剤を使う

自宅でストレートヘアや巻髪ヘアを作るのにとても便利なヘアアイロンは、ストレートヘア用やカール用など市販でも様々なヘアアイロンが販売されています。便利さと同時に、使い方や使用頻度を間違えると髪に重いダメージを与えてしまいます。ヘアアイロンを使用する際は、髪が乾燥した状態で使うのが基本です。髪が濡れた状態でヘアアイロンを使用すると、形がつきにくいだけではなく、髪の水分まで蒸発してしまって髪を傷める原因になります。髪に保湿剤などを塗って、同じところにヘアアイロンを当てるのは2、3秒程度にして当てすぎないようにするのがコツです。また、力を入れて引っ張らなくても熱と本体の重みだけでも充分なテンションが髪にかかるので、力を入れずにヘアアイロンを当てると髪に負担がかかりにくくなります。

商品選びと使用頻度の注意

ヘアアイロンの値段も様々です。安値のものもありますが、美容室などで使われているヘアアイロンは数万円はするもので、市販のものと比べて温度調節の幅が細かく設定することができます。温度調節が高く設定できるもの程性能が良く、セットもしやくなります。200度を基準として、それに近いほど使いやすくなります。また髪に直接当てるプレート部分の素材にも注目します。セラミック加工などが市販のヘアアイロンのプレート素材では有名ですが、セラミック加工よりもアルミニウムやチタン素材のプレートを使ったものの方が、より髪を傷めずに使用することができます。どんなに傷みにくい商品を選んでも、使い方を間違えると髪を傷めてしまいます。ヘアアイロンを使用するのは週2回程度におさえ、なるべく頻度を下げるのが髪を健康に維持させるポイントです。